2018年賀状郵便局印刷料金比較

スポンサードリンク

2018年賀状郵便局印刷料金比較

郵便局では年賀状印刷をするサービスを実施しています。

 

サービスの内容は、ほかの同じようなサービスと比較して、気に入った物があると、

 

注文すれば良いと思いますが、料金は同じくらいなのかどうか、

 

自分が頼むものとして比較してみました。

年賀状印刷料金

郵便局の料金設定では、年賀状料金と印刷料金が別になっています。
例えば、100枚印刷するとして、年賀状ハガキの料金は、
52円×100枚=5,200円。

 

印刷料金は「スタンダード年賀状」で7,300円。(100枚印刷)
合計 5,200+7,300=12,500円
になります。

 

 

一方、挨拶状ドットコムというサービスで考えて見たいと思います。
このサービスは、年賀状の料金が込の料金となっています。
100枚印刷した場合は、8,910円。

 

 

郵便局の料金と比較して見ると・・・
12,500円−8,910円=3,590円年賀状ドットコムの年賀状の方が安いという事になります。

 

圧倒的な料金差ですね。

 

 

この他に割引があります。
郵便局の方は、郵便局の総合印刷サービスに登録している人は210円引き。
この割引は誰でも受けられそうです。
割引クーポンをもらうことができます。
クーポンご利用期間:2017年9月1日〜2018年2月28日

 

挨拶状ドットコムの方は、11月23日までの注文で40%OFFです。

 

ここで、差額を再度計算してみたくなりました。
割引期間に注文したとしての計算です。

 

郵便局 12,500円−210円=12,290円
挨拶状ドットコム 8,910×(1−0.4)=5,346円
12,290円−5,346円=6,944円の差が出ました。

送料について

送料については、郵便局が無料。

 

これはさすがといったところ。

 

年賀状ドットコムの方が3,000円以上は無料ということなので、

 

今回送料は考えません。

宛名印刷

郵便局の年賀状宛名印刷は、個本料金1,080円+宛名印刷枚数×30円かかります。
ちなみに100枚印刷すると、1,080+100×30=4,080円

 

ちなみに、挨拶状ドットコムの年賀状サービスにお願いすると、なんと宛名印刷が0円。
無料です。キャンペーン期間中ということなので、はやく申し込んだ場合にゼロ円になると思いましたが、いつまで無料なのか興味が湧いて、ホームページを見ているうちにサービス期間を見てびっくりしました。

 

 

なんと1月4日まで無料です。通常年賀状の印刷時期はすべてカバーしているということです。

 

ただし、手持ちのファイルをアップロードする方法だと1,080円の料金が発生します。
コツコツ自分で入力していくと無料にできるということのようです。

 

100枚の例で行くと、100件の住所をフォームに入力すれば無料と言うことでしょうね。これはちょっと面倒かもしれません。宛名を入力するには、
郵便番号
住所
氏名
連名
があれば連名を入れますよね。
全部で4つの要素です。

 

これを100回すると400回コピペをするということになります。
そのような操作が得意な人であれば、問題なくすべてを手入力して、無料を選ぶかもしれません。しかし、普通の人なら、1,080円でお願いする道を選ぶのが普通だと思います。

 

自分で入力する時間がちょうど一時間なら、時給1,080円です。
考え方にもよりますが、そう考えると自分で入力する道を選ぶかもしれませんね。

 

しかし、時間がある人ばかりとは限りません。
料金の比較をすると、郵便局が4,080円、年賀状ドットコムが1,080円かかるとして差額を計算すると

 

4,080円−1,080円=3,000円の差が出ます。

郵便局と年賀状ドットコムの最終比較

 

ここで今まで比較した内容を振り返ってみましょう。

 

年賀状の裏面の印刷

 

年賀状の裏面の印刷で、
郵便局 12,500円−210円=12,290円
挨拶状ドットコム 8,910×(1−0.4)=5,346円
12,290円−5,346円=6,944円の差が出ました。

 

 

送料

 

送料は無料で差がつかず。
つまり0円

 

宛名印刷

 

宛名印刷で3,000円の差

 

 

合計

 

合計してみると。
郵便局
12,290円+4,080円+0円=16,370円
年賀状ドットコム
5,346円+1,080円+0円=6,426円

 

16,370円−6,426円=9,944円
という計算結果になりました。

 

差額で振り返ってみると、
6,944円+0円+3,000円=9,944円の差がつきました。
もちろん同じ結果になります。

 

100枚印刷することを前提として9,944円もの差がつきました。

 

結論

結論として、郵便局のサービスはちょっとお高いようです。

 

スポンサードリンク